サンキ産業株式会社は、防カビ・抗菌施工、光触媒施工、ウイルス対策、浴槽・浴室リフォーム、新消臭機能壁紙、プラズマクラスター イオン発生機、ウイルス対策のサービスを提供しております。安心・安全・環境が大切なテーマです。

home 介護用品 防カビ・抗菌施工 光触媒施工 浴槽・浴室リフォーム 新消臭機能壁紙 プラズマクラスター

プラズマクラスター イオン発生機・ウイルス対策

Homeプラズマクラスター イオン発生機・ウイルス対策 > プラズマクラスターの効果

プラアイコン プラズマクラスターの効果

 ●浮遊ウイルスを1/1000まで完全除去
 ●新型インフルエンザの予防対策
 ●家庭イオン発生機と比べると約3.5倍のイオン発生量
 ●付着臭の分解除去脱臭スピード約2倍
 ●プラズマクラスイオンは、自然界に存在するイオンと同様
 ●国内・海外の13機関が実証

空気を除菌_プラズマクラスター(業務用)

浮遊ウイルスの作用を抑制
浮遊ウイルス

高濃度「プラズマクラスター」が浮遊ウイルスのスパイク状の突起タンパク質を分解、約10分で作用を低減します。

●試験機関:イギリス レトロスクリーン・バイロロジー社
●試験方法:1㎥ボックスにウイルスを浮遊させ、空気中のウイルス除去率を測定。
●試験結果:プラズマクラスターイオン濃度:7,000個/㎤の場合、約10分で除去率99%。プラズマクラスターイオン濃度:50,000個/㎤の場合
※、約10分で除去率99.9%。※IG-B100において、風量「強」運転時、本体から吹き出し方向に水平に1m(IG-B200は1.5m、IG-B20は0.25m、IG-BK100は0.5m)、
床面からの高さ1.5m(IG-B200、IG-B20は1m)の地点で測定したイオン濃度です。

アレル物質を分解・除去
アレル物質

ダニのふん・死がいなどの浮遊アレル物質のタンパク質を切断して除去、作用を低減します。

●試験機関:広島大学大学院 先端物質科学研究科
●試験方法:掃除をしない実際の居住空間(約8畳)でのダニのアレル物質の作用をELISA法で測定。
結果より当社にて換算し、平均値を算出。(プラズマクラスターイオン濃度:3,000個/㎤)

カビ菌を分解・除去

カビ菌

カビの胞子浮遊カビ菌表面の細胞膜のタンパク質を切断して除去、活動を抑制します。

●試験機関:(財)石川県予防医学協会
●試験方法:8畳相当の実験室にプラズマクラスターイオンを放出し、浮遊カビ菌をエアーサンプラーにて測定。
結果より、当社にて近似しグラフ化。(プラズマクラスターイオン濃度:3,000個/㎤)

付着カビ菌を増殖抑制
付着カビ菌

高濃度化により浮遊カビ菌の分解に加え、付着しているカビ菌の増殖まで抑制します。

●試験依頼先:(財)日本食品分析センター
●試験成績書:2008/7/23 第208070713-001号
●試験方法:当社にて2.6㎥空間にイオンを発生させ、塩ビ板上で5日間カビを増殖させたものを依頼。
JISZ2911を参考にしたカビ発育面積を比較。
(プラズマクラスターイオン濃度:50,000個/㎤)※IG-B100において、風量「強」運転時、本体から吹き出し方向に水平に1m(IG-B200は1.5m、IG-B20は0.25m、IG-BK100は0.5m)、
床面からの高さ1.5m(IG-B200、IG-B20は1m)の地点で測定したイオン濃度です。

付着タバコ臭を分解・除去
付着タバコ臭

高濃度化により脱臭スピードがアップ。約60分でお部屋に染み付いたタバコのニオイ成分を分解・除去し、気にならないレベルまで脱臭します。

●試験機関:(財)日本紡績検査協会
●試験方法:タバコのニオイ成分を染み込ませた布片の脱臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。
※プラズマクラスター(イオン濃度:5,000個/㎤)と高濃度プラズマクラスター(イオン濃度:20,000個/㎤)との比較。

信頼と実績の空中除菌力

国内・海外の13の機関で、効果が実証されています。

浮遊ウイルス

(財)北里環境科学センター

韓国 ソウル大学

中国 上海市予防医学研究院

(学)北里研究所 北里大学北里研究所メディカルセンター病院

イギリス レトロスクリーン・バイロロジー社

浮遊アレル物質

広島大学大学院 先端物質科学研究科

大阪市立大学大学院 医学研究科 分子病態学教室

浮遊カビ菌

(財)石川県予防医学協会

ドイツ アーヘン応用科学大学 アートマン教授

浮遊菌

(財)石川県予防医学協会

中国 上海市予防医学研究院

(財)北里環境科学センター

(学)北里研究所 北里大学北里研究所メディカルセンター病院

ドイツ アーヘン応用科学大学 アートマン教授

米国 ハーバード大学公衆衛生大学院 名誉教授メルビン・ファースト博士

付着臭

(財)日本紡績検査協会

付着カビ菌

ドイツ リューベック大学

(財)日本食品分析センター

ページの先頭へ戻る